【第57回三鷹市農業祭】11月11日、12日

【第57回三鷹市農業祭】

11月11日(土)、12(日)に行われた三鷹市農業祭。両日とも秋晴れの中多くの来場者の方々で賑わいました。今年より会場が三鷹市役所から三鷹中央防災公園・SUBARU総合スポーツセンター他に変わり、早期より下見や打合せを重ねて臨みました。

お馴染みになりました「ムーちゃんコロッケ」と「ムーちゃんぎょうざ」の模擬店ではおかげさまで今年も大盛況のうちに販売させていただくことが出来ました。

今年も長野県、福島県、新潟県、宮城県、静岡県の盟友が直販に来ていただき農業祭を盛り上げてくれました。他県のPR・クイズ大会では特産品のプレゼントの効果もあり大盛況でした。最多となる長野県の盟友は今年で7年目の参加とのこと。年々増えている三鷹地区青壮年部と他県盟友との「輪」をこれからも拡げていければ素晴らしいことだと思います。

一日目のステージイベントでは「三鷹出身アスリート応援企画‼トライアスロン高橋侑子選手とトライアスロン部出身農家のトークイベント」を行いました。三鷹市水泳連盟ジュニア部の皆さんからの質問コーナーや三鷹の部員が生産したキウイフルーツ「東京ゴールド」の贈呈式等大変盛り上がり、あっという間の30分でした。私たち青壮年部はこれからも農業の分野で高橋侑子選手を応援していきたいと思います。

二日目のステージでは「農のある風景画」表彰式を行いました。今年で11年目となりましたこの企画ですが、670点の応募の中から入選作品238点を展示させていただきました。また、入賞の13点の作品は来年度の食育カレンダーの表紙と各月に掲載させていただきますので楽しみにしていてください。入賞・表彰されました児童とご家族の皆様おめでとうございました。

そして宝船。
前日、10日(金)約8時間かけて製作しました。今年も長雨等天候不順の影響で奉納農産物が集まるか心配されましたが、昨年を上回る2700点を超える農産物が集まり立派な宝船を製作することが出来ました。また、宝分けでは早朝より宝分けを求める列ができており、農産物に対しての関心の高さを感じることとなりました。宝分けの際に皆様からお預かりしたチャリティー募金は三鷹市の福祉等に寄付をさせていただきます。

農業祭は私たち農業者が消費者の方々と触れ合えアピール出来る機会です。多くの皆様にもっと私たち農業者を身近に感じて必要だと思ってもらえる様に、これからも三鷹地区青壮年部は様々な活動に取り組んで参ります。日頃より都市農業、三鷹の農業を応援していただいている関係者の皆様、他県盟友の皆様、そして来場者の皆様、本当にありがとうございました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA