【夏果菜類試作圃場現地検討会】

6月18日、小雨が降る中、夏果菜類試作圃場現地検討会(以下「現地検討会」)を開催しました。現地検討会は、三鷹市野菜生産組合と三鷹地区青壮年部が共同開催しています。
毎年、この時期に、試作の栽培をしている圃場で試作の視察とその他、圃場の視察を行っています。
今回は、清水章氏の圃場で「桃太郎ワンダー(トマト、タキイ種苗)」、岡田裕一氏の圃場で「SBS-301(白トウモロコシ、雪印種苗)」、冨澤昌人氏の圃場で「おおのぞみ(キュウリ、埼玉原種育成会)、味甘ちゃんホワイト(白トウモロコシ、武蔵野種苗園)」の4種類を視察しました。
他の方の圃場をゆっくりと見るチャンスは近隣でもなかなかないので、試作品以外にも圃場の使い方、仕立ての仕方、資材の使い方など、多くのものを見れるチャンスでもあり、大変、参考になりました。

三鷹地区青壮年部では、現地検討会等を通じて、農業技術の向上、農業の発展を目指していきたいと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA