【都市農地の貸借の円滑化に関する法律案 可決、成立】

6月20日、都市農地の貸借の円滑化に関する法律が、衆議院にて全会一致で可決、成立しました。
従来、都市部の農地の貸し借りは極めて難しいことでした。今回の法律の成立で貸し借りがしやすくなりました。都市部では、農地は限られており、その限られた農地も耕作する者がいなければ、農地として維持されない流れがありました。貸し借りが可能となったことで、意欲ある農業者が農地を借りることで、農地として維持することが可能となります。そして、健全に農地が維持されることで将来にわたり都市部に農地が残ります。
まだ、主たる従事者証明の件など、細かい部分では決まっていないことがあります。今後は、施行に向けての法整備に対する要望を国、自治体にあげ、共に取り組んでいきます。
今後も、農業を将来につなげるために活動を行っていきます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA