【三鷹市野菜生産組合と三鷹地区青壮年部の合同視察研修会の開催】

2018年11月19日、三鷹市野菜生産組合と三鷹地区青壮年部の合同視察研修会を開催しました。今回は同じJA東京むさし管内の小平地区の農家2軒(梅室善之氏と小川裕明氏)を視察しました。両氏とも直売に力を入れており、両氏とも野菜の自販機を置くのではなく、それぞれ工夫して販売されていました。

1軒目の梅室氏は、野菜と花の両方を販売されていましたが、南フランスをイメージして作っているという自宅周辺の施設、建物は、今まで知っている農家の庭先をはるかに超えるものでした。また、一年中、商品があるように工夫しているとのことで直売には常に商品が並んでいるとのこと。また、対面販売にこだわっており、スーパーではないサービス、野菜、花について、一言、お客さんにアドバイスできることがよいというお話もありました。

2軒目の小川氏は、お客さんが花を摘み取りする方式の販売を行っている直売でした。お客さんがほしい花を摘み取ってもらうことで、結果的に生産者にもロスも少なく、必要な花を最適な金額で販売できることが特徴になっていました。こちらも直売所は、自らDIYで作ったという販売施設周辺は、古材などを利用しておしゃれな庭園風の直売所になっていました。また、儲かってはいないとのことでしたが、カフェも併設しておりなかなか近隣ではない風景と販売方法で行っていました。

最後に小平のファーマーズマーケットにも寄り視察しました。新設されてるので、施設も新しいのは当然ですが、商品についても野菜以外のラインナップも多く、参考になりました。

農家の庭先の直売も自販機を置くだけの直売でなく、お客様に来たいと思わせるアイテムや設備、商品、サービスが必要であるのだと改めて勉強になった半日となりました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA